瞼が閉じない

瞼が閉じない=兎眼=顔面神経麻痺

 

ある日突然、どちらかの瞼が完全には閉じなくなってしまうことがあります。

すると、洗顔で石鹸が目に染みるとか、目がゴロゴロして、目脂が出るなどを症状が出ます。

さらに、口が水平ではないようになります(瞼が閉じない側が下がります)。

これは、まぶただけの問題ではなく、顔の筋肉を動かす顔面神経というものの麻痺=顔面神経麻痺の可能性が高いです。

このよう状態になったときには、受診していただき、まずはしっかりと神経の源である脳の方に心配がないか調べます。

そして、目のトラブルもよく調べます。

さらに、神経の麻痺の治療薬などを2週間ほどは服用するようにします。

 

ともかく、その原因が心配ですので、ご相談いただければ対応いたします。

右側の顔面神経麻痺のイメージです。