谷 諭のプロフィール

 

 

学歴

19733   私立桐朋高校卒業

19795   東京慈恵会医科大学卒業 脳神経外科 入局

19843   アメリカ カリフォルニア Loma Linda大学 脳神経外科

19861   東京慈恵会医科大学 脳神経外科 助手

19918   東京慈恵会医科大学 脳神経外科 講師

20007   東京慈恵会医科大学 脳神経外科 准教授

20057   東京慈恵会医科大学 中央手術部 診療部長

20086   東京慈恵会医科大学 脳神経外科 教授

20164   東京慈恵会医科大学 附属病院 副院長・医療安全管理部部長

20203   東京慈恵会医科大学 退官

2020年4月 新百合ヶ丘総合病院 脊椎脊髄末梢神経外科 顧問

       東京慈恵会医科大学 客員教授・客員診療医長

 

学術関係

日本脳神経外科学会 専門医、代議員

日本脊髄外科学会 指導医、理事、第31回学術集会会長

日本低侵襲・内視鏡脊髄神経外科学会 理事

日本脊髄病学会・日本脊髄外科学会合同 脊椎・脊髄外科専門医作業部会委員

日本脳神経外傷学会 元監事、学術評議委員

日本臨床スポーツ医学会 理事、前脳神経外科部会長、第28回学術集会会長

日本神経学会スポーツ神経疾患セクション・コアメンバー

東京脊髄倶楽部 代表世話人

Spinal cord club 幹事

脊髄疾患動画技術研究会 世話人

University of Toronto; Spine program Visiting professor

International faculties of Asia Pacific Cervical Spine Society Meeting

脊椎脊髄ジャーナル 元編集委員

臨床スポーツ医学 元編集委員

脳神経外科 元編集委員

 

社会的活動

日本ボクシングコミッション健康管理委員会 元委員長

日本サッカー協会 医学委員

日本体育協会公認スポーツドクター

日本体育協会 スポーツ医・科学専門委員会 研究班員

日本体育協会 国民体育大会医事部会 部会委員

日本医師会認定産業医

経済産業省・製品安全協会・消費生活用製品PLセンター 運営委員

元医療機関、弁護士会及び裁判所の協議会 幹事

 

 

腰部脊柱管狭窄症に使用できるSwiftというインプラントを開発して公表することができるようになりました。

 

一方、下のBasket 3とは、10年あまり開発に関わり2014年に日本で発売開始できたあと、8年間の間に2回のモデルチェンジが行えています。改良を重ねられることは、患者さんにとっても、使う医師にとってもありがたいことかと思います。

 

これらが、日本脊髄外科学会で公表され嬉しく思っています。

2021.12

 

日本スポーツ協会(元日本体育協会)より、表彰していただきました。

国体の医学委員などを長年務めた功績が認められたのでしょうか?

スポーツ文化に貢献できたことを嬉しく思っています。

2021.11

長年、サッカー選手の健康管理に関わってきたことから、日本サッカー協会より、表彰を受けました。

微力ながら、努力してきたことをみていただき、光栄に思っております。

2021.5.19

 

日本経済新聞にスポーツでの頭部外傷の対応についてのコメントが掲載されました。

自分が開発した頸椎手術に使用するインプラン

TBS系列「健康カプセル!ゲンキの時間 」で

2021年4月4日に紹介されました。

 

2021年版の「名医のいる病院」で、巻頭にある「脳・心臓・がんの名医488人」のひとりに選ばれました。

大変光栄なことと思います。

この数年、選出されており嬉しい限りです。

 

 

脳の病気や脊椎脊髄の病気のご相談を今後もしっか

2022年度版でも選出していただき、光栄に思います。

 

「脳・心臓・がん・放射線の名医695名」の中の一人に先取されました。

 

今後も頑張っていきたいと思います。

 

 


今まで何冊か本を書いたのですが

以下に紹介します。

マガジンハウ社から出版したものですが、正直に肩こり・腰痛のお話しをしました。

2011年に中経出版から出版したものです。

2010年に出版された脳トレの本です。


背骨の病気で自律神経のアンバランスが来るので、その面からの健康法を紹介しました。

これは医学専門書です。脳神経外科医にお役に立つように編集しました。第2版まで出ましたが、脳神経外科 という狭い分野では販売数はとても多かったようです。

これは、僕たち、日本臨床スポーツ医学会の脳神経外科 部会で作った、スポーツ現場での頭を打った時の対策を冊子にしたものです。PDFでダウンロードできますので、ご利用ください。


こちらは、マスメディアの調査によるベストドクターの調査です。

2021年まで選出していただき感謝です。

こちらは、医者へのアンケート調査で、他の医師から推薦された医師のみが選出されるものです。やはり、推薦を多くいただけたことは幸せです。